妖怪33・機尋(はたひろ)

家をでていった夫を恨めしく思いながら織物をおっているうちに念が宿り織物が蛇になった妖怪。鳥山石燕「今昔画図百鬼夜行」に登場。「鶴の恩返し」もそうだけど機織は単調で根気があるので念が宿りやすいのかも。

エディションナンバーと直筆サインが入ります。
キャンバス・木枠、大きさ(SM:227mmx158mm)
※実物には妖怪を説明した、手書きの書き下し文が入ります。

¥ 3,500

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。