妖怪55・垢嘗

古今百物語評判(1686)に「垢ねぶり」という項目がありこれが原点とされる。それを後に鳥山石燕が描いた。昔の風呂は木で出来ていたためよくぬるぬるしていた事から垢嘗がでた。極めて無害だが極めて不快という特殊な妖怪。

エディションナンバーと直筆サインが入ります。
キャンバス・木枠、大きさ(SM:227mmx158mm)
※実物には妖怪を説明した、手書きの書き下し文が入ります。

¥ 3,500

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。