妖怪59・あの手この手

江戸中期の越中(現・富山)に美しい庄屋の娘がおり妻にと数多の男が争い命を落とす者がいる程だったので最後に残った3人から選んだ。ところが3人は同じ権力者の差し金であった。その怨念が気となった妖怪、という創作。

エディションナンバーと直筆サインが入ります。
キャンバス・木枠、大きさ(SM:227mmx158mm)
※実物には妖怪を説明した、手書きの書き下し文が入ります。

¥ 3,500

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。