妖怪83・酒顛童子

「酒顛童子」丹波国大江山に巣くい眷属を従え京の人を食べていたが源頼光と四天王が退治。その首は西京区大枝の老ノ坂に首塚大明神として祀られている。他にも奈良・白毫寺、新潟県西蒲原郡岩室村、青森県五所川原市にも伝説あり。

エディションナンバーと直筆サインが入ります。
キャンバス・木枠、大きさ(SM:227mmx158mm)
※実物には妖怪を説明した、手書きの書き下し文が入ります。

¥ 3,500

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。