妖怪100・神社姫

加藤曵尾庵「我衣(わがころも)」にある。

文政2年(1819)4月19日、肥前国(長崎・差が)の浜辺で漁師の八兵衛が大きさ二丈(約6m)の頭に角のようなものがある人面の妖魚に会ったという。
「我は竜宮よりの使い神社姫という。当年より7年は豊作だがコレラが発生する。しかし我が姿を描いた絵図を見れば難を逃れ、さらに長寿を得るだろう」

こうした「〜年は豊作だが〜年は病気が流行る。我の絵姿で回避できる」という類いの妖怪は他にクダベやアマビエが存在する。


大きさ:約30cmx62cm

¥ 5,000

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。