「宮城の妖怪展」8/4(火)~9(日)開催!

河童系(type kappa)

妖怪135・赤沼河童ver2(宮城県・鳴子町)
妖怪135・赤沼河童ver2(宮城県・鳴子町)
【妖怪説明】 宮城県鳴子町川渡地区に伝わる。 赤沼と呼ばれる水が赤く濁っている沼に住んでいた大河童で、身丈九尺ばかりで全身が青く頭に皿があり顎や背中に甲羅がある。この河童に引きずり込まれた牛馬や人の血で沼の水が赤いのだと言われた。 「顎と背中に甲羅にを背負い 血潮で沼面を染め上げる」 【参考文献】 『鳴子町史 上巻』より 引用:宮城妖怪事典(仮)より http://blog.livedoor.jp/miyagiyokai/archives/2396084.html 【AKANUMAKAPPA】 It is transmitted to Naruko town in Miyagi prefecture. The kappa lived in a swamp whose water was red and cloudy. Height is about 270cm. The whole body is blue with a dish on the head and a shell on the chin and back. It was said that the water of the swamp was red with the blood of a cow and horse dragged by this kappa. 【商品説明】 直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。 表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。 すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。 説明の短冊がつきます。(画像はサンプルです) 表装部の大きさ 幅30cm x 高さ60cm 【Description】 One piece art work with autograph. Special processing printing. Made of cloth. It has excellent durability and is easy to store. An explanation tag will be attached. (The image is a sample) Size: W 30 cm x H 60 cm
¥ 5,500
妖怪106・猿候(広島・山口・高知)
妖怪106・猿候(広島・山口・高知)
【妖怪説明】 エンコウ。中国・四国地方の河童。 とくに広島・山口・高知によくみられる。 広島には猿候川があり、老婆や若い女性に化けて男を化かすといい、ここから川の名がついたともされる。 土佐(高知)幡多郡間崎の漁師達が生け捕った記録もあり、1歳くらいの子供で鰻のようにヌメヌメしており、顔と手は猿、指には長い爪、足の爪が4つあり、頭髪は長く、顔は赤熊のようで、鯛を引き裂いて食べたという。 また長岡郡吉野川流域では、夜に漁をしていると市松人形が流れてきて、これを突くとにっこり笑ったといい、これは猿候が化けたものとされている。 また、河童の特性と同じく好んで女を犯す。 猿候の子供は頭に皿があり、歯が1枚生えて生まれてくる。 土佐郡土佐山村ではシバテンという妖怪が伝わっているが旧暦6月7日の祇園の日に川に入り、猿候になるといわれ、この日には川に好物のキュウリを流すという。 萩市大島ではタキワロワがおり、こちらは山に3年川に3年住むとされ、これが海にはいるとエンコになるという。 【enkou】 Kappa type. ENKOU is in Hiroshima, Yamaguchi, Kochi. There is the Enkou River in Hiroshima. Monkey's face and hand, long nails, four fingers, long hair, face red, eat snapper. Enkou is a lady who fakes a man. 【商品説明】 この作品の材質は「不織布」です。他の掛け軸とは質感が異なりますのでご了承ください。 直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。 表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。 すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。 表装部の大きさ 幅30cm x 高さ60cm 【Description】 One piece art work with autograph. Special processing printing. Made of cloth. It has excellent durability and is easy to store. An explanation tag will be attached. (The image is a sample) Size: W 30 cm x H 60 cm
¥ 5,500
妖怪105・ミンツチトノ・ミンツチ(北海道)
妖怪105・ミンツチトノ・ミンツチ(北海道)
【妖怪説明】 アイヌに伝わる河童。 ミンツチトノは河童の親分。 かつてアイヌをオキクルミ神が治めていたころ、海から疱瘡神(ホウソウガミ・妖怪123)が現れた数のアイヌたちが病にかかった。そこでオキクルミ神は61体のヨモギの草で作ったチシナプカムイで疱瘡神と闘った。60体は戦死したが、最後に残った大将により疱瘡神を全滅せしめた。このとき戦死したチシナプカムイがミンツチになったのだという。 魚族を支配し、漁師達に漁運を水死者と引き換えにあたえる。 人を護ったり、牛馬を水にひきこんだり、やはり河童ににている。 日高静内町の染退川では12歳くらいの子供のようで石の上によくいるという。 石狩川では頭が禿げて男女の区別がある。 十勝平野東部の池田町では老婆か老爺だかわからないという。 名称は東北地方のミヅチ系からきているとされる。 ミンツチとは和人の言葉であり、アイヌには河童を指す言葉としてシリシャマイヌ(山側の人)という独自の呼称がある。 【mintsuchitono,mintsuchi】 Ainu 's kappa. In the past, Ainu people were sickened by the HOUSOUGAMI. Okikurumi fought with 61 dolls named Chishinapkamui. 60 was dead, but beat the HOUSOUGAMI. The dead doll turned into MINTSUCHI.MINTSUCHITONO is boss. 【商品説明】 この作品は「不織布」の作品です。その他掛け軸とは質感がことなりますのでご了承ください。直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。 表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。 すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。 表装部の大きさ 幅30cm x 高さ60cm 【Description】 One piece art work with autograph. Special processing printing. Made of cloth. It has excellent durability and is easy to store. An explanation tag will be attached. (The image is a sample) Size: W 30 cm x H 60 cm
¥ 5,500

TEL: 090-6251-8657
E-mail:orochidou@gmail.com