「宮城の妖怪展」8/4(火)~9(日)開催!

鬼系(type ogre)

【大サイズ掛け軸1】船形山 四大魔王ver2(宮城・船形山)
【大サイズ掛け軸1】船形山 四大魔王ver2(宮城・船形山)
★この掛け軸は大サイズ(約50 x 80 cm)の掛け軸です。白箱は付属しません。 【妖怪説明】 『船形山手引草』に記述された、船形山に祀られる神の縁起に登場する魔王たち。 4人の魔王が勢ぞろい! ・貪多利魔王 トンタリマオウ。 金剛山(現在の船形山)を根城にして日本を魔国にしようとしたが、鳳凰の形の船に乗ってやってきた阿弥陀如来たちによって退治された。最後には無数の矢に射たれて降参し貪多利魔王は後に改心して、信心の深い行者に富貴福徳を授ける「源元貧乏神」という存在になったという。 商品ページ | 妖怪170・貪多利魔王 https://orochi.theshop.jp/items/11277262 ・荒ラ獅子魔王 アラシシマオウ。 身の丈は五丈余りあり、毘沙門天に斧で襲いかかったが八十文字の槍によって斧の柄が折られると、跡形もなく消えてしまったという。 商品ページ | 妖怪179・荒ラ獅子魔王 https://orochi.theshop.jp/items/12650943 ・烈風魔王 レップウマオウ。 身の丈は五丈余りもあり、不動明王に戦いを挑んだが、最後には取り押さえられて縄を掛けられそうになると跡形もなく消えてしまったという。 商品ページ | 妖怪180・烈風魔王 https://orochi.theshop.jp/items/13006664 ・天龍魔王 テンリュウマオウ。 小山かと思うほどの大きさをしているという。摩利支天に鉄棒で襲いかかったが、片手で受け止められ、取り押さえられそうになると跡形もなく消えてしまったという。 商品ページ | 妖怪181・天龍魔王 https://orochi.theshop.jp/items/13006630 「金剛山より雲霧を拡め 四郡囲いて頂見えず」 都々逸解説:金剛山(現在の船形山)は宮城県と山形県にまたがっており、宮城県旧宮城郡・加美郡・黒川郡、山形県旧北村山郡の4郡の境になっています。 また、奥羽山脈の中で船形山は突出しておらず、山頂がなかなか現れないとのこと。 前半「金剛山より雲霧を拡め」は魔王が雨霧を操ったことを詠んでおり、後半「四郡囲いて頂見えず」は魔王4人と4つの郡、現れない山頂とそこにたてこもった魔王たちをあらわしました。 【参考文献】 『船形山の民俗 吉田潤之介採訪資料』 引用:宮城妖怪事典(仮)より http://blog.livedoor.jp/miyagiyokai/ 【商品説明】 直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。 表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。 すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。 説明の短冊がつきます。(画像はサンプルです) 表装部の大きさ 幅50cm x 高さ80cm 【HUNAGATAYAMA YONDAIMAOU-Four Demon King of Mount Funagata】 It was described in "Funagata Yamate Hikikusa". Devil Kings appearing in the story of Mount Funagata.Four Demon Kings are here! 【Description of item】 One piece art work with autograph. Special processing printing. Made of cloth. It has excellent durability and is easy to store. An explanation tag will be attached. (The image is a sample) Size: W 50 cm x H 80 cm
¥ 16,000
妖怪213・首の番(福島)
妖怪213・首の番(福島)
【妖怪説明】 朱盤、首番、とも。福島・新潟の妖怪。 ある一人の侍が会津の諏訪の宮を通りかかった。 その場所は朱の盤がでると噂されているのでおろそしく思っていたが、都合よく自分と同じくらいの歳の侍と一緒になった。そこで朱の盤のことを訪ねると「そのバケモノはこういうものか?」とみるみる顔が赤くなり、頭には針のような毛と額に1本の角がはえ、目は皿のように、口は耳まで裂けた。あまりに驚いて侍は気を失ってしまった。 約1時間後に気づいて近くの家にたどり着き、その家の女房から水をもらった。 女房が心配して訳をきくので話すと「恐ろしい目にあいましたね。その朱の盤というのはこういうものでございますか?」と今度は女房がバケモノになってしまった。 侍はまた気を失って、しばらくしてから息を吹き返したが、その100日後に死んでしまったという。 以上の話は「老媼茶話」にあるものだが、「諸国百物語」では首の番の表記でほぼ同じような話が残っている。 また、この話では鬼のようなものだが、新潟には大坊主のようなものとして伝わっている。 「お主が畏れし物の怪いふは かようなものかと問ふてけり」 【SHUNOBAN-Red face oni-】 Youkai in Fukushima and Niigata. A story about a samurai. The place was rumored to have a monster called Shunoban. He was horrible, but met a samurai of similar age. When he visits the vermilion board, his face turns red as he asks, "What is that monster like?" At the same time, his mouth was torn to his ears. Surprised, the samurai fainted.About an hour later, he noticed that he reached a nearby house and received water from a woman in that house.The woman worried and heard his story. "I saw the horrible eyes. Is this kind of Shunoban like this?" This time the wife became a monster. The samurai fainted again and returned to life after a while, but died 100 days later. 【商品説明】 直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。 表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。 すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。 説明の短冊がつきます。(画像はサンプルです) 表装部の大きさ 幅30cm x 高さ60cm 【Description】 One piece art work with autograph. Special processing printing. Made of cloth. It has excellent durability and is easy to store. An explanation tag will be attached. (The image is a sample) Size: W 30 cm x H 60 cm
¥ 5,500
妖怪211・百目鬼ver2(栃木)
妖怪211・百目鬼ver2(栃木)
【妖怪説明】 栃木県宇都宮市の地名「百目鬼」の由来になったとされている妖怪。 現在も二荒山神社の裏手に百目鬼の名が残っている。 大曽(宇都宮市大曽)を通りかかった藤原秀郷のもとに白髪の老人が現われ「汝は民のため悪鬼を退治すると聞いている。明神山続きに大曽村があり、その北西にある兎田という馬捨場があるのでそこにいけ」と告げたので向かったところ、丑三つ時に悪風が吹き、身の丈3mほどの百の目をもつ鬼が現れた。刃のような髪で死馬に食らいついていたので、重藤の弓に山鳥の羽の矢をつがえ、南無八幡と唱えながら放ち鬼の胸に突き刺した。百目鬼は悲鳴をあげ逃げていき明神山で倒れたが毒気と炎を放ちつづけた。そこへ本願寺(宇都宮市塙田)の智徳上人という僧がやってきて水晶の数珠を手に「汝、我が法力をもって徳脱せよ」と唱え頭を打って成仏させた。上人は鬼のしたいを葬るように言い、その場所を百目鬼と呼ぶようになったという。 「百のまなこが四方を怒らし 悪風背にして死馬を喰う」 【DOUMEKI】 A monster that is said to have derived from the place name "Doukumeki" in Utsunomiya City, Tochigi Prefecture.Even now, the name of the Doumeki remains behind Futarayama Shrine.An old man with gray hair appears under Hidego Fujiwara who passed Oso (Otsu, Utsunomiya City), saying, "You have heard that you will exterminate demons for the sake of the people. There is a horse pit called Usuta, so go there. ”Then, when I went, a bad wind blew at the time of the ox and a demon with a hundred eyes, about 3 meters tall, appeared. He was eating a dead horse with a blade-like hair, so he replaced Shigeto's bow with the arrow of a bird's wing, and pierced the chest of the demon while chanting with Minami Hachiman. The Hyakumeki screamed and fled, and fell on Myojinzan, but she continued to emit poison and fire. There, a priest named Chitoku Kamito from Honganji Temple (Hanada, Utsunomiya City) came and grabbed a crystal rosary in his hand and said, "Thou shalt escape my virtue with my legal force." The superior told him to bury the demon's wishes and that the place was called the Doumeki. 【商品説明】 直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。 表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。 すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。 説明の短冊がつきます。(画像はサンプルです) 表装部の大きさ 幅30cm x 高さ60cm 【Description】 One piece art work with autograph. Special processing printing. Made of cloth. It has excellent durability and is easy to store. An explanation tag will be attached. (The image is a sample) Size: W 30 cm x H 60 cm
¥ 5,500
妖怪181・天龍魔王ver2(宮城・船形山)
妖怪181・天龍魔王ver2(宮城・船形山)
【妖怪説明】 宮城県黒川郡大和町升沢地区船形山に伝わる。 『船形山手引草』に記述された、船形山(山形県と宮城県の間にまたがる山)に祀られる神の縁起に登場する魔王の一人。小山かと思うほどの大きさをしているという。 阿弥陀如来側の神である摩利支天に鉄棒で襲いかかったが、片手で受け止められ、取り押さえられそうになると跡形もなく消えてしまった。 「渓山またぎて魔の王きたり 迎え撃ちたる摩利支天」 【参考資料】 『船形山の民俗 吉田潤之介採訪資料』 引用:宮城妖怪事典(仮)より http://blog.livedoor.jp/miyagiyokai/archives/7316212.html 【TENRYUMAOU -Devils TENRYU-】 He took a steel stick and challenged the battle to Gods MARISHITEN. However it was accepted with one hand. After that it seemed to be caught and it disappeared. 【商品説明】 直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。 表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。 すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。 説明の短冊がつきます。(画像はサンプルです) 表装部の大きさ 幅30cm x 高さ60cm 【Description】 One piece art work with autograph. Special processing printing. Made of cloth. It has excellent durability and is easy to store. An explanation tag will be attached. (The image is a sample) Size: W 30 cm x H 60 cm
¥ 5,500
妖怪180・烈風魔王ver2(宮城・船形山)
妖怪180・烈風魔王ver2(宮城・船形山)
【妖怪説明】 宮城県黒川郡大和町升沢地区船形山に伝わる。 『船形山手引草』に記述された、船形山(山形県と宮城県の間にまたがる山)に祀られる神の縁起に登場する魔王の一人。身の丈は五丈余りもあるという。 阿弥陀如来側の神である不動明王に戦いを挑んだが、最後には取り押さえられて縄を掛けられそうになると跡形もなく消えてしまった。 「身の丈五丈の魔王なれども 不動明王返り撃つ」 【参考資料】 『船形山の民俗 吉田潤之介採訪資料』 引用:宮城妖怪事典(仮)より http://blog.livedoor.jp/miyagiyokai/archives/7316183.html 【REPPUMAOU -Devils REPPU-】 One of the demon kings of Miyagi prefecture. The height is about 3 m. He challenged Gods fudomyouou. But it got caught and disappeared when it seemed to be able to run a rope. 【商品説明】 直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。 表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。 すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。 説明の短冊がつきます。(画像はサンプルです) 表装部の大きさ 幅30cm x 高さ60cm 【Description】 One piece art work with autograph. Special processing printing. Made of cloth. It has excellent durability and is easy to store. An explanation tag will be attached. (The image is a sample) Size: W 30 cm x H 60 cm
¥ 5,500
妖怪179・荒ラ獅子魔王ver2(宮城・船形山)
妖怪179・荒ラ獅子魔王ver2(宮城・船形山)
【妖怪説明】 宮城県黒川郡大和町升沢地区船形山に伝わる。 『船形山手引草』に記述された、船形山(山形県と宮城県の間にまたがる山)に祀られる神の縁起に登場する魔王の一人。身の丈は五丈余りあるという。 阿弥陀如来側の神である毘沙門天に斧で襲いかかったが、彼の八十文字の槍によって斧の柄が折られると、跡形もなく消えてしまった。 「斧の魔王と毘沙門天 八十文字の槍が撃つ」 【参考資料】 『船形山の民俗 吉田潤之介採訪資料』 引用:宮城妖怪事典(仮)より http://blog.livedoor.jp/miyagiyokai/archives/7316183.html 【ARASHISHIMAOU-Devils ARASHISHI-】 One of the demon kings of Miyagi prefecture. The height is about 3 m. He fought with Bishamonten with his ax. However, the spear broke the weapon and disappeared. . 【商品説明】 直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。 表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。 すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。 説明の短冊がつきます。(画像はサンプルです) 表装部の大きさ 幅30cm x 高さ60cm 【Description】 One piece art work with autograph. Special processing printing. Made of cloth. It has excellent durability and is easy to store. An explanation tag will be attached. (The image is a sample) Size: W 30 cm x H 60 cm
¥ 5,500
妖怪170・貪多利魔王ver6(宮城・船形山)
妖怪170・貪多利魔王ver6(宮城・船形山)
【妖怪説明】 トンタリマオウ。 宮城県黒川郡大和町升沢地区船形山に伝わる。 『船形山手引草』に記述された、船形山(山形県と宮城県の間にまたがる山)に祀られる神の縁起に登場する魔王。 神代の頃、多くの悪魔邪神を眷属として従えていた「貪多利魔王」という魔王が金剛山(現在の船形山)を根城にして日本を魔国にしようと洪水や疫病を引き起こした。これに気づいた阿弥陀如来は魔王を退治すべく、玉で造られた鳳凰の形の船に乗って、多くの仏神や高天ヶ原の天照大神らを引き連れて金剛山へと向かった。初めに阿弥陀如来の守護神である三宝荒神が槍の石突で火炎をまき起こすと、魔王は雨や霧を呼んで消そうとしたが勢いが強すぎて消えず、さらに四方の川を塞き止められ天の川の水が流し込まれると、悪魔たちは逃げ場が無くなり山頂に取り残された。後がなくなった魔王は自ら宝剣を抜いて三宝荒神に挑んだが、眷属である「烈風魔王」「荒ラ獅子魔王」「天龍魔王」らが、次々と不動明王や毘沙門天や摩利支天らに敗れると逃げ出し、最後には千斤の神弓による無数の矢に射たれて降参した。降参した「貪多利魔王」は後に改心して、自らが裸身になってでも信心の深い行者に富貴福徳を授ける「源元貧乏神」という存在になった。 また、現在の「船形山」という名前は阿弥陀如来たちが鳳凰の形の船でやってきたことが由来であると言われている。 「雨風呼びたる哮り王 のちの源元貧乏神」 【参考資料】 『船形山の民俗 吉田潤之介採訪資料』 引用:宮城妖怪事典(仮)より http://blog.livedoor.jp/miyagiyokai/archives/7316109.html 【TONTARIMAOU -Devil tontari-】 【商品説明】 直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。 表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。 すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。 説明の短冊がつきます。(画像はサンプルです) 表装部の大きさ 幅30cm x 高さ60cm 【Description】 One piece art work with autograph. Special processing printing. Made of cloth. It has excellent durability and is easy to store. An explanation tag will be attached. (The image is a sample) Size: W 30 cm x H 60 cm
¥ 5,500
妖怪 98・栄螺鬼(和歌山・三重)
妖怪 98・栄螺鬼(和歌山・三重)
【妖怪説明】 さざえおに。鳥山石燕「画図百鬼徒然袋」に描かれている。 雀が海に入るとはまぐりになり、モグラは化けてうずらになるので、さざえも鬼になるという。 また、紀州(現・和歌山、三重県南部)にこんな話がある。 あるとき海賊のあつまる波切で、海賊が溺れた女を助けてきた。とても美しい女で海賊達はみんなゾッコンになり、女もまた手当り次第に寝て、ことごとく睾丸をぬきとった。それを見かねて海に投げ込んで殺そうとしたが、これがさざえと化しやがて栄螺鬼になった。このあと海賊の親分は莫大な財宝と引き換えに栄螺鬼から睾丸を返してもらったという。 まさに金で金を買ったわけですね。 「鬼女が掠めた男の宝 金を金とでとりかえす」 【SAZAE-ONI -Turban shell demon-】 In Japan, it is said that when a sparrow enters the sea, it becomes a clam, a mole becomes a quail, and a turban shell becomes a demon. At one point, a pirate helped a drowning woman. She was a very beautiful woman and all the pirates liked it. The woman slept with the pirates at random and drove off the testicles. The pirates were angry and threw the woman into the sea to kill her. However, the woman was transformed into SAZAE-ONI. It is said that the pirate boss had the testicle returned from SAZAE-ONI in exchange for a huge treasure. 【商品説明】 直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。 表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。 すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。 説明の短冊がつきます。(画像はサンプルです) 表装部の大きさ 幅30cm x 高さ60cm 【Description】 One piece art work with autograph. Special processing printing. Made of cloth. It has excellent durability and is easy to store. An explanation tag will be attached. (The image is a sample) Size: W 30 cm x H 60 cm
¥ 5,500

TEL: 090-6251-8657
E-mail:orochidou@gmail.com