妖怪134・ 構太刀ver2

色違いで再登場!

【妖怪説明】
鎌鼬の別称。
鎌鼬は鼬に似て疾風の中から切りつけるのが概ねのイメージであるが、各地の伝承により正体や説明が一様ではない。

『北越奇談』では鬼神の刃に当たったとあり、そのため構太刀と称している。
大蛇堂は鼬に鬼神と刃を混合させた。

その名も「卍解・構太刀・千本桜!」(笑)

ほかにも『想山著聞奇集』では鎌鼬に切られると最初は痛みも出血もないが、のちに激痛と大出血があるとされる。傷は下半身に受けることが多いので30cmほどしか飛び上がれないのでは、とある。

木枯らし隙間をのぞいてみれば 刃と猾れる獣あり

【hitouban -Lomg neck woman-】
She has a long neck at night. Others may also fly. Besides Japan, it is
also in China and Southeast Asia.

【商品説明】
直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。
表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。
すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。
表装部の大きさ 幅30cm x 高さ60cm

¥ 5,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価