妖怪141・元興寺

ガゴゼ、ガゴジ、ガンゴジ。
江戸時代あたりからお化けを意味する言葉として使われる。

敏達天皇(572〜585頃)に大和元興寺に出たとされる鬼。
この鬼を退治した雷神の子はのちに道場法師と名乗る僧になったという。

柳田国男はガゴゼが元興寺からの変異ではなく「咬もうぞ」に起因するのではないかとしている。

エディションナンバーと直筆サインが入ります。
キャンバス・木枠、大きさ(SM:227mmx158mm)

¥ 3,500

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。