妖怪144・手長の怪

【妖怪説明】
宮城県大郷町に伝わる。
品井沼の主は手先が剣のようになった二丈余りの長い腕と鏡のような目をもった
巨大な黒い蛭に似た怪物で、住民の生き血をすすっていた。都からの使いの者達によって退治された後も無数の小蛭となって住民を苦しめた。
『おおさと昔かだり』より

引用:宮城妖怪事典(仮)より


【商品説明】
直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。
表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。
すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。
表装部の大きさ 幅30cm x 高さ60cm

¥ 5,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。