妖怪102・ハンザキ大明神

【妖怪説明】
ハンザキとは中国地方でいう大山椒魚のことで、身体を半分に裂いても生きているほど生命力が強いからだという。

岡山県湯原町(現・真庭市)にはハンザキセンターという大山椒魚飼育施設があり、その片隅にハンザキ大明神という祠がある。
その昔(元禄・文禄期両説あり)に巨大な悪さをするハンザキを、三井彦四郎という若者が退治した。その大きさは体調10m、胴回り5mもあったという。
やがてハンザキの祟りがおこり、彦四郎どころか一家ともども死に絶えてしまった。恐れた村人はハンザキを神として祀り、これがハンザキ大明神のはじまりだという。

似たような話は鳥取県日野郡江府町にもある。
また広島県神石群神石町犬瀬にはハンザキが美少年に魅入ったという話が伝わっている。


【商品説明】
直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。
表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。
すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。
表装部の大きさ 幅30cm x 高さ60cm

¥ 5,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。