妖怪107・野守(ノモリ)

【妖怪説明】
野守虫ともいう。
『折々草』『漫遊記』にある怪蛇。

信州松代(現長野)で2人の若者が山に芝刈りにいくと、途中で全長1丈(約3m)6本の足に6本の指のある大蛇に襲われた。1人の若者は剛健だったため、鎌をもって奮闘しこれを切り裂いた。
武勇としてそれを町に持ち帰ったが、父親は「それは山の神ではないか?祟りがあるぞ」と家にいれず、若者は小屋に泊まることとなった。
2〜3日もすると蛇の死体はとても臭くなり、若者にも臭気がうつり病気になってしまった。医者をよんで見てもらい、ようやく快復した。

医者がいうには
「これは蛇ではなく虫である。井に生ずる虫を井守。家に生じる虫を家守。野に生じるは野守である。」

それより3年後、若者は官木を伐採した罪で処刑され、人々は野守の祟りだとおそれたという。


【商品説明】
直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。
表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。
すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。
表装部の大きさ 幅30cm x 高さ60cm

¥ 5,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。