妖怪114・狐火

「狐火の 湖水にうつる 寒さ哉」(正岡子規)
沖縄地方以外にでる。狐の吐く息が光る、尾を打ち合って火を起こす、骨や玉を使って出す、光る玉を持っている、など多数。
狐火が行列していると狐野嫁入りとなる。
東京の北区王子本町の王子稲荷は関八州の稲荷の頭領として知られ、大晦日には官位を授けてもらうために狐たちが集まるので壮観な狐火がみられると評判だったらしい。

エディションナンバーと直筆サインが入ります。
キャンバス・木枠、大きさ(SM:227mmx158mm)

¥ 3,500

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。