妖怪122・豆腐小僧

主に江戸時代中期の滑稽文学に登場する。
一つ目小僧や河童も豆腐を持った姿で描かれることから、関係があると推測もできるかもしれない。

水木しげる氏は“日本妖怪大全”の中で薩摩に大量の豆腐が路上に出現した話を記載している。世界各地にファフロッキーズ現象として、路上に魚やワニ、カエルが大量に降ってくる怪奇現象は残っているが関係があるのだろうか。

なんにせよこの話を引用するくらい、書く事がない不明瞭人畜無害系妖怪である。

エディションナンバーと直筆サインが入ります。
キャンバス・木枠、大きさ(SM:227mmx158mm)

¥ 3,500

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。