妖怪132・羅刹鬼

岩手県盛岡市の伝説に登場する鬼。
盛岡あたりを荒らしまわっていたが、三ツ石の神に懲らしめられた。
二度と里に現れないことを約束した証拠の手形が今も名須川町の三ツ石神社の岩石に残っており、これが岩手県の名前の由来であるそうだ。

エディションナンバーと直筆サインが入ります。
キャンバス・木枠、大きさ(SM:227mmx158mm)

¥ 5,000

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。