妖怪136・ 青行燈ver2

色違いのver2です。

【妖怪説明】
鳥山石燕「今昔百鬼拾遺」に描かれた妖怪。

青行燈という妖怪が現れたという記録はないのだが、百物語(怪談話)をして最後に現れる怪異のことをいうらしい。
百物語とは江戸から明治にかけて様々な場所で行われた怪談会。百本のろうそくを灯し、1話ごとに1本消してゆく。最後の1本が消えた時に怪異がおこるという。

現代の怪談会も「1周すると○○がおこる」などと口上を切ることが多いし、話の最後にはなにかおこるものなのかもしれない。

【AOANDON】
AOANDON appears at the end of a 〝HYAKUMONOGATARI〟. 100 people gathered and light 100 candles. If you make a ghost story for each person, turn off one candle. He turns up when it all turns off.

【商品説明】
直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。
表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。
すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。
表装部の大きさ 幅30cm x 高さ60cm

¥ 5,000

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価