妖怪137・八咫烏

古事記において、神武天皇を熊野から大和国まで道案内したとされる大烏。
妖怪というより神に近い。

咫は約18cmなので八咫は144cmになるが、ここでは単に大きいこととされる。日本書紀・古事記の中では特に3本足だという言及はないが、のちに中国の故事と混ざって3本足の烏の図象が生まれたと思われる。

エディションナンバーと直筆サインが入ります。
キャンバス・木枠、大きさ(SM:227mmx158mm)

¥ 5,000

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。