妖怪153・狗神

犬神の伝説は多く、由来も多く存在する。
ヌエが4つに分かれ飛び散り、落ちた土地に出現したり、弘法大師が猪よけに描いたものが飛び出たなどの話がある。

作り出す方法もいくつかあり、首を出して埋めた犬が餓死しそうなところを首をきり祀ったものだとか、戦わせた犬の勝った方に魚を与えて首を切り落とし残った魚を食べる、などがある。

これらは中国の巫蠱術の影響を受けているともされている。

エディションナンバーと直筆サインが入ります。
キャンバス・木枠、大きさ(SM:227mmx158mm)

¥ 5,000

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。