妖怪143・ヒンナ神

富山県礪波(となみ)でいう一種の憑神。人形神。
ヒンナとは人形のことで、これを祀ると裕福になるが、死ぬときは苦しんで地獄に落ちるという。

作成法は3つあるという。
1、墓場の土を3年のうちにもってきて3000人に踏ませた土で作る。
2、さらに強力なものは、7つの村の7つの墓場から持ってきた土を人の血でこね、神の形につくり1000人に踏ませる。
3、3寸の人形を1000個つくり、煮る。すると1つだけ浮かび上がる。


エディションナンバーと直筆サインが入ります。
キャンバス・木枠、大きさ(SM:227mmx158mm)

¥ 3,500

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。