妖怪160・方相氏ver3(中国)

青き衣をまとって再登場!
色違いverです。

【妖怪説明】
鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』にも記述されているが、もとは追儺(ついな)と呼ばれる中国の行事で鬼を祓う役目の役人を方相氏と呼んだ。
金色の4つの眼を持つ面をかぶり侲子(しんし)と呼ばれる役人20人とともに厄を払っていたが、時代が下りいつしか鬼として追われるようになり、そこから現在の節分へと変化したと言われている。

【HOUSOUSHI】
The official wore a golden face with four eyes and
exiled demons. He was called HOUSOUSHI. Later it became
"Setsubun" for traditional Japanese events.

【商品説明】
直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。
表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。
すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。
表装部の大きさ 幅30cm x 高さ60cm

¥ 5,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価