妖怪127・苧うに

【妖怪説明】
おうに。鳥山石燕が『画図百鬼夜行』の中で描いた山姥の一種。
『百怪図巻』には「わうわう」として描かれており、これを下敷きにしたと思われる。

苧とは植物のカラムシ、もしくは麻の茎の繊維から作った糸のことである。
この苧を績む(うむ:細く裂きながらよってつなぐこと)ことに関する山姥の伝説が各地にある。

ある女が夜に苧を績んでいると、山姥が訪れて泊めてくれという。女の仕事を見た山姥は「2、3把くれろ」といい、渡すとすべて炉にくべてしまった。すると今度は「どの苧桶にいれるのか」と聞く。いつもの苧桶を渡すと山姥は炉の灰を舐めては口から糸をだしあっというまに一桶績んでしまったという。


【商品説明】
直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。
表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。
すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。
表装部の大きさ 幅30cm x 高さ60cm

¥ 5,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。