妖怪95・青鷺火(あおさぎのひ)

鳥山石燕「今昔画図続百鬼」、竹原春泉斎「桃山人夜話」、寺島良安「和漢三才図会」、桜川慈悲成「変化物春遊」などに青鷺や五位鷺が光るとして描かれている。近代でも青鷺に限らず山鳥、雉、鴨が光るという民俗報告は多いので妖怪というより現象としてあるのかもしれない。

エディションナンバーと直筆サインが入ります。
キャンバス・木枠、大きさ(SM:227mmx158mm)
※実物には妖怪を説明した、手書きの書き下し文が入ります。

¥ 3,500

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。